劇団劇作家ブログ
現在、劇団劇作家に参加している劇作家がお送りする日常のあれこれ
ミュージカル講座、開催します。
2016年09月07日 (水) 22:19 | 編集
※この講座はご予約が定員に達したため、受付を終了いたしました。ありがとうございました。(9月21日22:30)


劇団劇作家では、このたび、劇作家女子会と共催で、ミュージカル講座を開催します
ミュージカルをもっと楽しみたい方、ミュージカルを書きたいと思う方、私たちと一緒に学びませんか?
以下、詳細です。




ミュージカル講座 
~ミュージカルを輝かせる音楽と構造~

ミュージカルでは、歌がドラマを運びます。
それを可能にする脚本の構造とは、どのようなものでしょうか? 
音楽が劇文学を展開するとは、どういうことでしょうか?
今回の講座では、第一線でご活躍されている二人の講師をお招きし、『ウエストサイド物語』『サウンド・オブ・ミュージック』などを題材にお話を伺います。
ミュージカルを根っこから知る貴重な機会に、ぜひ、ご参加ください。

【講師】青井陽治(演出家・翻訳家・訳詞家)、宮川彬良(作曲家・舞台音楽家)※50音順
【日時】9月26日(月)19時~21時30分
【会場】座・高円寺(杉並区高円寺北2-1-2) 地下3階 けいこ場2
【参加費】1,500円(当日、受付窓口にてお支払いいただきます)

【参加資格】なし(ミュージカルをよくご覧になる観客の方、ミュージカルを書きたいと思う作家の方、ミュージカルに出演したい俳優の方など、どなたでもご参加いただけます)
【募集人数】30名(定員になり次第締め切らせていただきます)

【応募方法】件名を「ミュージカル講座予約」とし、以下の事項をご明記のうえ、 gekisakujoshi@gmail.com までメールでお申込みください。
1. お名前/ふりがな
2. ご参加人数
3. ご連絡先

【主催】劇作家女子会。
【共催】劇団劇作家



皆様のご参加をお待ちしております
スポンサーサイト
虹の刺青
2016年09月07日 (水) 08:34 | 編集
東池袋のアートスペースサンライズホールで『虹の刺青』を打ちます。

「虹の刺青」チラシ表

「虹の刺青」チラシ裏
詳しくはコチラ


喜劇女優清川虹子と、彼女の手記を書くためにやって来たシャドウのライター影子。
清川虹子の人生を軸に、取材する影子の想いと生きようを描きます。

8日(木)から10日(土)までは、15:00と19:00 11日(日)は12:00と15:00で
す。

なお10日の昼の部終了後にアフタートークがあります。
出演は昨年暮、紀伊國屋ホール50周年記念特別女優賞を受賞した市川夏江さんが
清川虹子さんとの思い出を語ります。

よろしくお願いいたします。

大森 匂子
坂本鈴、黒川陽子、モスクワカヌの新作が読める!観れる!「劇作家女子会!R-WOULD PREMIER-」
2016年06月22日 (水) 10:16 | 編集
皆様、こんにちは。
劇団劇作家の新人、モスクワカヌです。

さて、5月の「劇読み!vol6」では「演出家を助手にする演出助手」として現場を席巻した私ですが、ただいま劇団劇作家仲間の坂本鈴さん、黒川陽子さんと共に、新たな公演の稽古に入っております。

その名も「劇作家女子会。」

坂本鈴、オノマリコ、黒川陽子、モスクワカヌという4人の劇作家が、「後世へ戯曲を残す」ことを目的に結成した、劇作家女子ユニット。

劇作家が主体という点では、劇団劇作家と通じるところもある劇作家女子会。

今から3年前。出演者を差し置いて作家の自分たちが前面にでていくスタイル。
女子会。と言いつつ、ゆるふわ要素や可愛い要素が圧倒的に不足している戯曲によって女子会。ならぬ公演を主宰した私達が、7月に第2回公演を開催することになりました。

4つの短編×16名の出演者。
演出には「劇読み!vol6」にて「あの子の飴玉」「金の卵1980」の演出を担当された箱庭円舞曲の古川貴義さんをお迎えし、「王子から世界へ」を合言葉に

全員新作。
世界初演。


の戯曲達を上演します。

初夏の観劇に、我らが女子会。をどうぞよろしくお願い致します。

「劇作家女子会!R-WOULD PREMIER-」

GJRW_omote_convert_500.jpg

2016 7/2 sat – 10 sun
劇作家女子会R!-WORLD PREMIERE-
全員新作、世界初演。


坂本鈴、オノマリコ、黒川陽子、モスクワカヌ(以上、劇作家女子会。)
Written by
SAKAMOTO RIN,ONOMA RIKO,KUROKAWAYOKO,MOSCOWAKANU
演出
古川貴義(箱庭円舞曲)
Direction
FURUKAWA TAKAYOSHI

上演作品
『絶対恋愛王政』ABSOLUTE LOVE MONARCHISM
坂本鈴Written by SAKAMOTO RIN

『DOG』
オノマリコWritten by ONOMA RIKO
※English subtitles available

『幻燈』THE PROJECTION
黒川陽子Written by KUROKAWA YOKO

『だるまかれし』DARUMAKARESHI
モスクワカヌWritten by MOSCOWAKANU
THEATRE
花まる学習会王子小劇場
英会場名:HANAMARU GROUP OJI FRINGE THEATRE
東京都北区王子1-14-4地下1F
HP:http://www.en-geki.com

SCHEDULE
7月1日(金) 19:00◎
7月2日(土) 13:00♥♪ / 18:00♥♢
7月3日(日) 11:00♥/ 15:00♥
7月4日(月) 19:30♥
7月5日(火) 15:00♥ / 19:30♥
7月6日(水) 休演日
7月7日(木) 19:30♡☆
7月8日(金) 15:00♡ / 19:30♡
7月9日(土) 13:00♡♪ / 18:00♡
7月10日(日) 11:00♡ / 15:00♡

*受付開始開場は開演の45分前、開場は開演の30分前。
◎:公開ゲネプロ。2000円でご観劇いただけます。要予約。
♥:前半料金 ♡:後半料金
♢:終演後、会場内でオープニングパーティーを開催致します。
☆:七夕スペシャル!浴衣でご来場のお客様に女子会。よりプチプレゼントをご用意致します。
♪:託児サービスがあります。イベント託児・マザーズ 0120-788-222(0才・1才2,000円 2才以上1,000円)

TICKETS(全席自由・日時指定・税込)
・一般(♥前半7/2-7/5) 3,200円
   (♡後半7/6-7/10) 3,500円
・学生 2,000円
・高校生1,000円
*学生券、高校生券は当日に学生証の提示をお願い致します。
*7月1日(金)19:00~ゲネプロを公開いたします(2,000円・要予約)。
*オノマリコ作『DOG』は英語字幕席をご用意しております。ご希望の方はメールにてお知らせください。
English subtitles for DOG are available. If you need those, please let us know by email.
ご予約・お問い合わせ
劇作家女子会!R ご予約フォーム(カルテットオンライン)
https://www.quartetonline.net/ticket/joshikai02r

MAIL: gekisakujoshi@gmail.com※お名前、日時、券種、枚数をお知らせください。
TEL:090-6046-7456(10:00~19:00)/03-3911-8142(楽屋直通番号/公演期間中のみ)
Web:http://gsjoshikai.tumblr.com/
Twitter:@gekisakujoshi

GJRW_ura_convert_500.jpg


CAST(五十音順)
阿部百衣子ABE MOEKO
海老根理(ガレキの太鼓)EBINE OSAMU
大野香織(文学座)OHNO KAORI
尾﨑彰雄OZAKI TERUO
小田さやかODA SAYAKA
加藤広祐(劇団藤一色)KATO KOSUKE
河南由良(劇団だるめしあん)KAWANAMI YURA
木内コギト(\かむがふ/)KINOUCHI COGITO
坂井和美SAKAI KAZUMI
白勢未生(箱庭円舞曲)SIRASE MIO
高山五月TAKAYAMA SATSUKI
田実陽子 TAJITSU YOKO
船越ミユキ FUNAKOSHI MIYUKI
もなみのりこ MONAMI NORIKO
柳内佑介 YANAI YUSUKE
吉村公佑(劇団B級遊撃隊)YOSHIMURA KOHSUKE

STAFF
舞台監督:TAKE4、玉城忠幸
照明:南香織(LICHT-ER)
音響:岡田悠
舞台美術:袴田長武
音楽:後藤浩明
フライヤーデザイン:ホシマリ
写真撮影:佐藤歩
制作:飯塚なな子、中村みなみ(マレビトの会)
顧問:黒澤世莉(時間堂)
協力:花まる学習会王子小劇場、CoRich!シェアスタジオ、LICHT-ER、クリオネ、融合事務所、\かむがふ/、ガレキの太鼓、劇団B級遊撃隊、劇団劇作家、劇団だるめしあん、劇団藤一色、時間堂、趣向、箱庭円舞曲、文学座、マレビトの会、遊戯ヱペチカトランデ
幹事(主催):劇作家女子会。

劇作家女子会。とは
2013年、「死後に戯曲が残る作家になる」ということを目標に掲げて集結した、アラサー女子劇作家チーム。メンバーは黒川陽子、坂本鈴、オノマリコ、モスクワカヌ。貴様いつまで女子でいるつもりだ問題を胸に秘めつつ「私たちは女子」と豪語しながら、女子活動と劇作家活動を行っている。


『夢幻団地』演出は山本健翔さん!
2016年04月23日 (土) 11:58 | 編集

夢幻団地1 - コピー

『夢幻団地』の作者の村尾悦子です。
『夢幻団地』の稽古は快調に進んでおります。
演出は「劇読み!」ではVol.1からお世話になっているベテランの山本健翔さんです。

山本健翔さんといえば今までの「劇読み!」でも『正しい海賊の作り方』(作・坂本鈴)、『ハルメリ』(作・黒川陽子)、『若草物語』『冥土喫茶』(作・佐藤喜久子)『五臓六腑色懺悔』(作・校倉元)などいつもアイデアたっぷりでわくわくして幻想的で美しい演出をしてくださっていて、みんなが大好きな演出家です。

若草1 - コピー
『若草物語』作・佐藤喜久子

ハルメリ - コピー
『ハルメリ』作・黒川陽子

私の『ホーム・カミング・ロード』も健翔さんに演出していただいて、三人の老女たちが毛糸でつながる台本を一枚ずつ取り出しては読んでいくというとても印象的な演出をしてくださいました。

ホームカミング - コピー
『ホーム・カミング・ロード』作・村尾悦子


さて、今回の私の『夢幻団地』は…、健翔さんいわく「今回はじっくりまじめに読んでいくよ。あ、いつもまじめなんだけどね…」。そのお言葉のとおり、テキストを丹念に細かいところまでじっくり読み込んで、とても繊細な演出をしてくださっています。
そんな稽古は山本健翔さんの演技論も学ぶことができます。例えば台詞には言葉の投げかける3つの領域があって、一つは自分の半径、2つ目は相手と自分の半径、3つ目は遠く、広く、があるそうです。同じセリフでもこの領域を変えるだけで全然意味が変わってきます。一つ一つのセリフをどの半径で言えばいいのか的確にとらえることが大事なんですね。
まあ、難しいことはさておいて…。
とにかくまずはご覧いただきたいです。
役者さん同士のじっくりとしたやりとりが見ている人を引き込んでくれると思います。

役者さんも皆さん素敵です。

夢幻団地3 - コピー

左から浅井純彦さん(東京演劇アンサンブル)、山口智恵さん、阪上善樹さん、林海里さん(肉汁サイドストーリー)、渡邉まりさん(扉座)、この5人の役者さんが静かで落ち着いたやりとりや、激しいやり取りをじっくりと練り上げてせつなく美しい劇の世界を作り上げてくださいます。
大人の人、見てください。もちろん、若い人もぜひ見てください。そしてご感想などいただければとてもうれしいです。
どうぞよろしくお願いいたします。
劇場でお待ちしております!

『夢幻団地』 5月5日(木・祝)13時~
       5月8日(日)16時~

村尾悦子







劇読み!vol.6 稽古開始!
2016年04月04日 (月) 10:03 | 編集
4月1日から、劇読み!の稽古が始まりました。
「本人不在殺人事件」稽古1
プロの演出家と役者さんたちってほんとにすごい! きっちり役を作ってきてのっけからハイテンションでリーディングが進み、ぐいぐい作品世界に引き込まれる。
「本人不在殺人事件」稽古2
聞いていて思わず笑ったり考え込んだり。楽しい中にも緊張感ある稽古が続いて、どの作品も輝きを増してきています。詳しくはツイッターをごらんください!
「あの子の飴玉」稽古
考えてみれば、5人の演出家というのは、フレンチとイタリアンと中華とトルコ料理と高級割烹と、一度に味わえるようなもので、ものすごーく贅沢な事なんだ、と改めて思った次第です。乞うご期待!
福山
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: hoxai