劇団劇作家ブログ
現在、劇団劇作家に参加している劇作家がお送りする日常のあれこれ
本日21時より、劇団劇作家の坂本鈴、黒川陽子、モスクワカヌが参加しているユニット、劇作家女子会。の次回公演ミュージカル『人間の条件』チケット先行発売します!
2017年03月01日 (水) 17:51 | 編集
皆様こんにちは
カタカナばかりの劇団員、モスクワカヌです。

私、実は劇団劇作家の他に、劇作家女子会。というユニットにも参加しております。

幅広い年齢層の劇作家が集まっているのが「劇団劇作家」なら、同世代の女性劇作家4人が集まっているのが「劇作家女子会。」

ですがメンバー4人のうち、なんと3人が劇団劇作家にも参加しているという、劇団劇作家とはとっても縁のあるユニットです。

この、劇団劇作家の坂本鈴、黒川陽子、モスクワカヌの3名が参加している劇作家女子会。ですが、この度日本劇作家協会プログラムとして、5月に座高円寺1にて、ミュージカル公演を行うことになりました

「人間の条件」をテーマに、4人の劇作家が共作という形でそれぞれの個性と人間であるための定義をぶつけ合う異色のミュージカル。

本日21時よりチケットの先行発売を開始いたします

今回は客席が舞台を取り囲み、三方からご観劇いただける形です。

先行発売では、各回5枚限定のプチプラシートの他、前列センター寄りのお席をご用意

全席指定席となっておりますので、お早めにご予約いただければ良席でご観劇頂けますので、是非この機会に、チケットをご予約くださいませ

3月1日(水)21時から、14日(火)までの期間中、以下に記載したリンクから『人間の条件』のチケットをチケットペイにて先行発売を行います。

https://ticketpay.jp/booking/?event_id=7465
※ファミリーマートでの発券となります
※アンケート機能(「お目当ての出演者がいたら教えてください。」という質問)がついていますので、お好きな出演者の名前を選択してくださいませ。

私達の初めてのミュージカル、そして初めての中劇場進出作品にもなる『人間の条件』。

よい作品にすべく、出演者スタッフ一同燃えております。
皆様に、私達の作品を応援して頂きたいです

お申し込みを心よりお待ちしております

◆チケット(全席指定)
・一般 4,200円
・学生 2,500円
・プチプラシート 1,000円
※学生チケットをお求めの方は入場の際に学生証をご呈示ください。
※プチプラシートは各回5枚限定、客席後方のお席となります。

【チケット引き換え方法】
■ファミリーマート支払 ⇒ ファミリーマート発券(チケット受取)
ファミリーマートでのお支払&発券となります。
申込後表示される支払用番号※をファミリーマートにお持ちください。

※第1番号(企業コード):30020+第2番号(引換番号):14桁
ファミリーマート店頭のFamiポートのトップから「チケット」→「Famiパス」を選択します。
支払用番号入力後、Famiポートから出力される申込券をレジに提示し、
代金をお支払の上チケットを受け取ってください。

引換番号を取得せず直接ファミリーマートに行ってもチケットは購入できませんのでご注意ください。

■クレジットカード決済 ⇒ ファミリーマート発券(チケット受取)
申込時にクレジットカードで決済し、ファミリーマートで発券となります。
クレジットカード支払完了後、画面上にチケット受取り用の番号※が表示されます。
※第1番号(企業コード):30020+第2番号(引換番号):14桁
その番号をファミマ店頭のFamiポートに入力すると申込券(=引換え券)が発行されます。
申込件(=引換券)をレジに提示しチケットを受け取ってください。

引換番号を取得せず直接ファミリーマートに行ってもチケットは購入できませんのでご注意ください。

-◇◆◇公演情報◆◇◆-
座・高円寺 春の劇場05
日本劇作家協会プログラム
ミュージカル
『人間の条件』

劇作 坂本 鈴、オノマリコ、黒川 陽子、モスクワカヌ
演出 赤澤 ムック
音楽 後藤 浩明
振付 小林真梨恵(waqu:iraz)

【出演】
朝比奈かず
小泉まき(中野成樹+フランケンズ)
塚越光
前原麻希

奥村飛鳥
エスムラルダ
河南由良(劇団だるめしあん)
神田麻衣
木内コギト(\かむがふ/)
今野真智子
西原純
村本篤信
柳内佑介
anna
海老原恒和
小見美幸
近藤陽子
末延ゆうひ
竹内真里
中谷弥生
生井みづき
梅本杏莉
奥井まゆ
萱沼春菜
中村沙羅
西村俊彦
松尾音音
吉見由香
吉田覚丸

【フィールドワーク部門】
一色亮佑
荻野桜子
小泉志野
琴松蘭児
小林薫
北村マイク
仙波瑠璃
中村奏太
根矢涼香
※「フィールドワーク部門」とは、俳優ではなく一般の方に集まってもらっている部門です。劇の制作進行とあわせて「人間の条件」とは何かを考え、本番にて発表をいたします。

◆タイムスケジュール
2017年5月【全6ステージ】
5月18日(木) 19:00~
5月19日(金) 13:00~♪★/19:00~
5月20日(土) 13:00~♪★/19:00~
5月21日(日) 13:00~♪
♪:ポストトーク ★:託児サービス

*受付開始は、開演の1時間前
*開場は、開演の30分前です。

◆チケット(全席指定)
・一般 4,200円
・学生 2,500円
・プチプラシート 1,000円
※学生チケットをお求めの方は入場の際に学生証をご呈示ください。
※プチプラシートは各回5枚限定、客席後方のお席となります。

3月1日(水)~14日(火)の期間中、以下に記載したリンクから、『人間の条件』のチケットをチケットペイにて先行発売を行います。
https://ticketpay.jp/booking/?event_id=7465
※ファミリーマートでの発券となります
※アンケートにお目当てのキャストを選択する項目がありますので、お答え下さい

◆会場
座・高円寺1
http://za-koenji.jp/home/index.php
〒166-0002 杉並区高円寺北2-1-2

JR中央線「高円寺」駅
北口を出て徒歩5分
詳しくはこちらをご覧ください。
http://za-koenji.jp/guide/index.html#link2

◆問い合わせ先
gekisakujoshi@gmail.com

今後も新たな情報が確定次第、順次当ブログならびに公式ホームページ
http://gsjoshikai.tumblr.com/
にて情報公開を行ってまいります。






スポンサーサイト
今年の抱負(2) 座右の銘
2017年02月04日 (土) 21:42 | 編集
 座右の銘はいくつかある。
 だってほら、家事の手抜きをするときとボランティアをするときに呟きたい言葉は自ずと違うしね(笑)。
 そんななか、執筆中の劇作家にとって、鉄板の座右の銘というのがある。
 永井愛さんの言葉なのだけど、これを聞いた劇作家たちは100%、「俺もそれ、座右の銘にしよう!」と言う。
 伝道師じゃないけれど、あまりにも素晴らしすぎて、あちこちで広めてしまっている、その言葉。

 「逃げてるときも書いてるとき」


 そうなんですよね、ホント。これはもう、名言中の名言!
 永井さん、一生、ついていきます! と思わず言ってしまいたくなるほどの!

 で…ですね。最近、逃げるのはまあ、前提としてですね(前提なのかい!(笑))、どう逃げるか、というバリエーションを検証してみたところ、 私の場合はだいたいこんな感じでした。

・家事に逃げる(雑巾がけ・ひたすら細かいところをほじるような掃除、ひたすら磨く系)
・体動かす系(ストレッチ・筋トレ・走る・散歩系)
・ボーっとする、寝る系(ホントにただボーっとする・もう寝てしまう・ぐだぐだ転がるホントに転がる・長風呂する系)
・猫に甘える系(猫に遊んでもらう、猫の爪を切る、猫の耳掃除をする系。最近、ノミはいない)
・読む系(ネットサーフィン・資料読みという名の逃げ・何度も読んだ本、漫画をまた読む系)
・テレビ・ゲーム系(ひたすらぼーっとテレビを見てしまう、ぼーっとPCゲーム(もともと入ってるカードゲーム)をし続けてしまう系)

で。検証の結果、最後の、テレビ・ゲーム系はやめた方がよくないか? とふと、3日前に突然思った。考えてみると、テレビとPCゲームを長くすると、頭痛がしたり気持ちが悪くなったりして、せっかく逃げてるのに書いてない(なんのこっちゃ)かもしれないような気がふとね、ホントにふと、したのです。
と、いうことで、3日前に決意して、「今年の抱負」に書き加えました! そしてなんと、3日、続きました!

でも、驚いたのは、ちょっと一段落すると、ふっとしたくなったことだったのです、PCゲームを。「えー? これ依存症?」
ホントに驚きました。しない方が時間が豊かだと実感したのに、しすぎると頭痛がすると分かっているのに、なぜふっと、したくなる?
そしてそして、ついに今日、1回だけ、PCゲーム、してしまいましたわ…! ふぅー…。
それから、のそのそと、紙に書いた「PCゲームには逃げない」に、「なるべく」のフキダシが入ったのでした…。

いや、別に、してもいいとは思うけどね、ちょっとくらい、いまどきね。
でもまあ、しみじみと、「ないかをやる」って抱負はそれなりやるもんだけど、「やめる」って抱負はできないもんなんだなーと、思った次第でした。
今年の抱負…、年末まで、いくつ残っているやら….

篠原久美子


 
今年の抱負
2017年01月10日 (火) 17:31 | 編集
新年のご挨拶が遅くなりまして、申し訳ありません。

昨年は、10周年の『劇読み!Vol.6』をご好評のうちに終え、これからの10年をどのように過ごすのかが、いよいよ問われる年になりました。
昨年末から新しい仲間も増え、嬉しい限りですが、同時に、当初からのメンバーも確実に10歳以上年齢が上がっているわけで、これからどういう方向に発展してくかを考えながら、さらに精進を重ねていきたいと存じます。

今後とも、劇団劇作家をどうぞよろしくお願いたします。

さて。
ここからはまったくの私事で恐縮ですが、今年は久しぶりに、「新作を書き終えて迎える正月」でした。今年の8月上演の人形劇の締め切りが12月末だったのですが、それを年末前に書き終え、夫と私の実家の両方に行って、家族と過ごすことができました。(2月末締め切りの新作はありますが…)

で、ですね。
実家の近くに嫁いでいる妹の家にも寄ったのですが、元旦に家族で書初めをしたということで、笑いながら見せてくれました。それぞれの今年の抱負にそれぞれの人柄が表れていて微笑ましいなぁと思ったのですが、妹の「今年の抱負」が1枚や2枚ではない。細長い半紙に3項目ずつきれいな字で書かれた紙が次々に出て来る。30項目くらいはあったでしょうか。重箱の隅を楊枝でつつくようなささやかすぎる抱負に笑い転げました。でもこれ、むっちゃ大事!
と思い、真似てみました。
書道の道具はうちにはないのでパソコンの行書体でA4版での印刷ですが、具体的でささやかな抱負を14項目書いて、冷蔵庫の横に貼ってみました。具体的すぎるので中身は内緒ですが、そのなかに、ちょっと抽象的なこんな3項目が入りました。

信じて断る
信じて休む
信じて心配しない

「インドから帰ってから別人になりましたよね」と、昨年、ある演劇関係者に言われたのですが、もし、インド前とインド後が何かが変わったとしたらこういうことかなと思うことを言語化してみました。断れないのも休めないのも心配しすぎるのも、私がいい人だからではなく、信じる力が弱かったのだと鮮やかに分かることは気持ちのいいものです。かさぶたが乾いてぽろっと落ちるみたいに「怯え」が落ちていきます。それを言語化できることもまた嬉しいことです。
まあ…、断れなかったり心配しすぎたりする篠原さん、というのも死んでしまったわけではないのですが、まあ、出てきたら、また出たねと笑えるでしょう。

日々の生活習慣や仕事の具体的な内容まで、笑えるくらいささやかな14項目は、妹にだけ打ち明けました。年末に二人で読み比べて笑おうねと、今からLINEで約束しています。

篠原久美子


謹賀新年
2017年01月08日 (日) 07:43 | 編集
Tanada.jpg
お初にお目にかかります。新劇団員の池田です。
2016年12月09日 (金) 21:29 | 編集
劇団劇作家のブログをご覧になられている方々、初めまして。
私、今回新たに劇団劇作家に入団させて頂く事となりました池田恵と申します。
不束者ですが、この度、劇団劇作家さんとご縁があり
ありがたい事に劇団員として迎えて頂ける事となりました。

現時点で他の劇団員の皆様の様に賞を頂いたり、自ら舞台を上演した事も何本も作品を書いた事など無く
過去にほんの少し演劇をかじっただけであり、昨年度劇作家協会様が主催されている戯曲セミナーに参加しただけの
素人に毛どころか産毛すらも生えていない様な者ですが、
演劇が好きであるという気持ちを信念に日々精進していきたいと思っております。

どうか皆様、何卒よろしくお願いいたします。

池田 恵
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: hoxai