FC2ブログ
劇団劇作家ブログ
現在、劇団劇作家に参加している劇作家がお送りする日常のあれこれ
『劇読み!ライト 高校演劇特集』公演延期のお知らせ
2020年03月14日 (土) 09:45 | 編集
平素より劇団劇作家をお引き立て頂きまして、ありがとうございます。

劇団劇作家では、4/10~12に劇団の新企画として、高校生に上演してもらいたい戯曲特集というテーマで『劇読み!ライト 高校演劇特集』の上演を企画しておりました。

しかしながら、新型コロナウィルス蔓延防止対策のために全国の小中高校に休校の要請がだされる等、教育現場が混乱しているなか、現在の公演スケジュールでは、最も観客となっていただきたい高校生や高校の先生方にご来場いただくのはかなり難しくなるだろうという理由から、劇団および当企画の担当者にて話合いました結果、この度の公演延期を選択いたしました。

このようなご報告となりますことを心よりお詫びいたします。
大変申し訳ございません。

今後のスケジュールについては現時点ではまだ明確に決められておりませんが、状況を鑑みつつ、上演の機を待ちたいと考えております。

このようなお知らせをいたしますことは、誠に心苦しく、残念ではございますが、ご理解、ご容赦賜りますればしたら幸いです。

劇団劇作家
スポンサーサイト



劇読み!ライトの公演詳細発表ならびにチケット発売延期のお知らせ
2020年02月29日 (土) 10:29 | 編集
平素劇団劇作家をお引き立て頂きまして、誠にありがとうございます。
本日、劇団劇作家では新企画「劇読み!ライト 高校演劇特集」の公演詳細発表およびチケット発売開始を予定しておりました。

しかしながら、政府与党による新型コロナウイルス対策としての不要不急の催しの自粛要請をうけ、現在劇団では「劇読み!
高校演劇特集」の上演に関して議論があり、公演詳細の発表ならびにチケット発売開始日を延期とさせて頂きます。

公演を気にかけて頂いていたお客様におきましては、大変申し訳ございません。
また、当日のお知らせとなってしまったことをあわせてお詫び申し上げます。

なお、チケット発売開始日は現在未定となっております。
「劇読みライト 高校演劇特集」の上演に関しては、詳細決まり次第、引き続き劇団劇作家のホームページ、ブログ、ツイッター等で発信していきますので、大変恐れ入りますが、続報をお待ちくださいますようお願い申し上げます。


劇団劇作家
「キラメク!」
2020年02月02日 (日) 15:39 | 編集
有吉朝子です。
作品を書き下ろしました。
NASHプロジェクト第6回公演 「キラメク!」

昭和の初期から太平洋戦争前後の日本を舞台に、
明治生まれの文士、長谷川時雨をモデルに
彼女が創刊した雑誌『女人芸術』や機関紙『輝ク』
に集う人々を描きます。

「とにかく女の人がたくさん出る作品を」というご注文。
女が事件の中心…ということで、既存の戯曲、
宮本研の『ブルーストッキングの女たち』などを思い出し、
ならば女性がどっさり出る「ブルーストッキング」と、
『青鞜』の丁度ひと世代下の『女人芸術』に行き着きました。
戯曲の名前を『ブルーストッキングの妹たち』としましたが、
「あまりに安直だ」とすぐさま却下。
ということで「キラメク!」。

でもこのタイトルで良かったと今は心から思います。
『青鞜』より知名度は落ちる『女人芸術』と『輝ク』。
でもそこに、心から書きたいと思う女たちが集まり、
命を叩きつけるように書いた作品の数々、
その人生、その後の人生。
もっとも弱い人間が耐え切れずに声を上げる、断末魔の叫び。
―まさにギラリと「キラメク」人々がそこに息づいていました。
ということで「キラメク!」

世間から見ればこの作品の登場人物、男も女も、ちょっと、
いや、かなり変わった、なんなら危険人物たち。
それぞれが引き起こす揉め事を、舌なめずりするように書くのは
たいへん楽しい時間でした。

ぜひどうぞ、「キラメク」者たちの七転八倒を見にいらしてください。

NASHプロジェクト 第6回公演 「キラメク!」

作;有吉朝子 演出;津田英三 

出演;久行敬子・永吉ユカ・角田紗里・ほんだりんこ・茜部真弓・黒崎照・波乃りん・羽野だい豆・風間恵・結瀬あやの(A)・浅見芙那実(B)・野村須磨子・RICO・楠田敏之(順不同)

2020年3月18日(水)~22日(日)前売り4300円 当日4500円 萬劇場(JR大塚駅徒歩4分)
18日(水)18:30(Aチーム)
19日(木)18:30(Bチーム)
20日(金)14:00(A)/18:30(B)
21日(土)14:00(B)/18:30(A)
22日(日)16:00(A)
お申し込みはこちらから→
https://www.quartet-online.net/ticket/kirameku/entry?urd=Zjk1Zkib3s&fbclid=IwAR0QW9B5srz-Iwb4Stg94JRpfco8yxDzNnsvcTELOb_DzQZy0AwSTcj_10U
鎌倉アクターズワークショップ『鎌倉のマリ』本日初日!
2019年10月18日 (金) 09:35 | 編集
10月18~20日、鎌倉アクターズワークショップ富士見スタジオにて、劇団員のモスクワカヌが脚本を担当した舞台、『鎌倉のマリ』が上演されます。

鎌倉アクターズワークショップの皆様と、劇団劇作家のメンバーがタッグを組んで鎌倉という土地や歴史、物語にちなんだ作品を上演していくシリーズ、鎌倉歳時記夢十夜。

その第一夜でオマージュを捧げるのは、鎌倉にたくさんの犬猫と共に住んでいた、ロシア語同時通訳でエッセイスト、小説家の米原万理さんです。

「偉くない私が1番自由」と書き、信念と良心に従い、パワフルに生ききった個人。
彼女の遺した著作や生き方を通じて、鎌倉の、世界中の「偉くない」人々の人生へ、ささやかな賛歌をおくった作品です。

すでに完売の回もでていますが、千秋楽はまだお席があるとのこと。
皆様のご来場をお待ちしております。

鎌倉アクターズワークショップ秋
鎌倉歳時記夢十夜【第一夜】
『鎌倉のマリ』
作/モスクワカヌ(劇団劇作家)  
演出/高森秀之

初めまして、私は鎌倉に住んでいる、鎌倉マリといいます。今高校3年生ですが、図書室登校をしていて、その図書室で、米原万里さんの本に出会いました。

日時:10月
18日(金)19時  
   19日(土)12時 15時 18時
   20日(日)12時 15時
場所:
鎌倉アクターズワークショップ
富士見スタジオ

チケット:
(前売り)2500円
(当日券)2800円
(全席自由)※開場は開演の15分前

【お問い合わせ】
(E-Mail)k_actors@yahoo.co.jp

<キャスト>
卒田日向
大谷真桜子
阿由葉純子
石田優
内海隼吾
遠藤正彦
佐野美佐代
下山達也
藤井仁美
二葉さくら
細谷峯子
松村清美
丸山翠子
丸山 子
森田春菜
山根みさき
渡辺真香
辻本健太(スターダス21)

<スタッフ>
作 モスクワカヌ(劇団劇作家)
演出 高森秀之
音楽 高崎真介
演出助手 池田彩乃
音響 林鉄馬
照明 山脇馨
美術・宣伝美術 わだかよ
大道具 伊藤大助
衣装・小道具 わだかよ、齊藤小夏
制作 鎌倉アクターズワークショップ

【鎌倉歳時記 夢十夜 シリーズについて】
鎌倉アクターズワークショップと劇団劇作家の作家さんたちがタッグを組んでこのシリーズを創作していきます。
鎌倉の、場所、人、もの、歴史や物語にちなんだお話をベースにお芝居に創り、上演していきます。物語の中から、鎌倉の過去、現在、未来をリアルに皆様にご紹介できれば幸いです。




劇団劇作家のHP,リニューアル
2019年09月01日 (日) 12:24 | 編集
劇団劇作家のHPをリニューアルしました!
写真は、暑いさなかに集まって、HPのリニューアル作業をする劇団員。
写真には写っていませんが、その他にも、劇団員や、ご協力くださいました外部の方のご協力で、無事、公開となりました。
心から感謝申し上げます。
これから、少しずつ、充実させていきたいと思います。

これからも、劇団劇作家を、どうぞよろしくお願いします。
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: hoxai