劇団劇作家ブログ
現在、劇団劇作家に参加している劇作家がお送りする日常のあれこれ
内部リーディング~戯曲を様々な角度から眺めた日
2017年10月03日 (火) 14:27 | 編集
去る9月24日、劇団劇作家の内部リーディングが開かれました。
代表挨拶
参加者に企画の趣旨を話す劇団代表の篠原久美子。
「劇団劇作家には劇団員の戯曲をプレゼンする『劇読み!』というイベントがあります。こちらは劇団内で審査にかけ、選抜した戯曲をお客様や舞台製作者の方々にお届けする場です。一方、今回の企画に審査はありません。作家が俳優さんの声を通して等身大の戯曲を眺め、皆でブラッシュアップのための意見を出し合う場。それが内部リーディングです」

今回は有吉朝子作『リトルボートストーリー2 ぼく自身の歌』、校倉元作『溶ける家族』、池田恵作『元禄浪漫奇譚~異聞之壱』の3作品がエントリーしました。
「リトルボートストーリー2」リーディング風景1
『リトルボートストーリー2』のリーディング風景です。
物語の舞台は鎌倉。かつてこの地に存在した「鎌倉アカデミア」をめぐって、人々の希望と苦悩が入り混じります。
「リトルボートストーリー2」リーディング風景2
出演者の佐藤修作さん、黒川陽子(劇団員)、辻村夏穂さん、清水泰子さん。
ぴったりくっついて離れない「創造」と「生活」の狭間で揺れ動く人々の、小気味よい会話の応酬が続きます。
「リトルボートストーリー2」リーディング風景3
出演者の志賀澤子さん、塚本一郎さん。
鎌倉アカデミアで青春をともにした、因縁の二人を演じます。
志賀さんは独白で舞台の幕を開く役。内部リーディングの怖くもあり面白くもある点は、読み合わせの1回目を披露するということです。俳優は共演者が戯曲をどう解釈し、どんな役作りをしてきたか知らないまま、本番に挑みます。そのため、出演者たちが志賀さんの第一声に耳を傾ける音が聞こえてきそうな静寂の中で開幕。志賀さんは重たい過去を一身に背負いながらも周囲に開かれた演技で、物語を引っ張ってくださいました。
「リトルボートストーリー2」リーディング風景4
出演者の加藤記生さん、鬼頭典子さん、小笠原游大さん。
加藤さんと塚本さんは親子という設定。「また人が集まって文学について語り合える場所を作りたい」との夢を持つ塚本さんに、「どこにあんのよそんな金が!」と啖呵を切る加藤さん。どちらも切実、どちらも正義。真正面からぶつかる議論でありながら、親子喧嘩ならではのマヌケさやあったかさも滲みます。

リーディングの後には参加者によるディスカッションの場がもたれ、作者の有吉から「この人物は事情を飲み込むのが早いようにも見えますが、演じていていかがでしたか?」といった質問が投げかけられました。実際に役を演じた俳優さんから、「この人物の背景を考えると、充分に準備をした状態で登場できるため、演じていて無理はなかったです。この『背景』を喚起する言葉遣いをもう少し台詞に盛り込めば、観客も納得しやすいと思います」といったご意見をいただきました。
「私の演じる人物はこの台詞を自然に言えるのか?」という役の内面からのアプローチと、「私の役は観客からどう見えるのか」という役の外側からのアプローチを兼ね備えた、俳優さんたちの誠実な意見。地に足のついた改稿案がいくつも飛び出す、実り多い時間となりました。

続いて、校倉元作『溶ける家族』のリーディングが始まります。
「溶ける家族」リーディング風景1
『溶ける家族』のリーディング風景。
俳優の配置は、役柄の関係性に合わせて作者が決めています。演出のつかない内部リーディングで、ほんのりと演出的意図が匂う小さな見所のひとつ。
「溶ける家族」リーディング風景2
左から、出演者の有吉朝子(劇団員)、辻村さん、荒川大三朗さん。
「溶ける家族」リーディング風景3
こちらの4人が、物語の中心となる一家です。
先ほどは鎌倉の住人だった俳優たちが、今度は作者・校倉の創り上げた架空の国「ハルカラ」の住人となります。
ある嵐の日、家の外の風景が丸々消滅してしまうという、前代未聞の大災害(?)に襲われた一家。虚無の世界を漂ううちに、互いに信頼することを忘れていた家族が少しずつ変化していきます。
「溶ける家族」リーディング風景4
右の2人、加藤さんと小笠原さんは、一家を脅かす闖入者の役を演じます。「さっさと私を殺してくれ」と言わんばかりの、素敵なかき回しっぷり!

SF映画と不条理演劇とファミリードラマとジュブナイル小説が入り混じったような作風に、「いったい、どう切り込んだらいいんだ」という戸惑いの中でディスカッションがスタート。
いずれかの手法に特化していくべきなのか、混在っぷりを楽しむべきなのか、紙風船のようなこの作品への触り方を模索するやりとりが続きつつ、俳優さんが「なんだかすごく懐かしかった。昔、ラジオで聴いた物語の手触りに似てる」と話していたのが印象的でした。「あのメンタリティで攻めればこの作品は分かる」という新たな視点の提示。もしかしたら作者自身も意識していなかったかもしれない作品の意味づけを垣間見る機会となりました。

そして3作品目は池田恵の短編、『元禄浪漫奇譚〜異聞之壱』
「元禄浪漫奇譚」リーディング風景1
右端が新しく劇団員となった池田恵です。
そのタイトルの通り、舞台は元禄時代。誰もが知る忠臣蔵の裏側を、ブラックでコミカルなタッチで切り取ります。
「元禄浪漫奇譚」リーディング風景2
「この時代に生まれてよかったー!」という佐藤さんの第一声。え、マジで? 元禄時代でしょ? と思う間もなく、現代語と時代がかった言葉の混在した長台詞の洪水。たちまち観客は「いつでもない元禄時代」に連れていかれ、「あったかもしれない現実」を堪能しました。
「元禄浪漫奇譚」リーディング風景3
少人数でのパワフルなやりとりに見入る参加者たち。
「元禄浪漫奇譚」リーディング風景4
言葉遣いの独特な作品ながら、「もうそのまま公演しちゃえばいいんじゃない」と思ってしまうような完成度で演じ上げた俳優さんたち。演技が上手すぎていっそ作品のアラが見えないことに嬉しい悲鳴を上げつつ、より作品のインパクトを増すにはどうすれば良いか、心地良いテンポを保つにはどうすれば良いかと、たった今楽しんだパフォーマンスをもとに模索するディスカッションとなりました。

作品の性格によってそれぞれタイプの違う話し合いが持たれた今回。戯曲を様々な角度から眺める充実した一日でした。
ご参加いただき、貴重なご意見をくださった方々に、この場を借りてお礼を申し上げます。

黒川陽子
スポンサーサイト
誤植
2017年07月09日 (日) 15:54 | 編集
気になっていた『誤植読本』を読みました。
(『増補版 誤植読本』高橋輝次編著、ちくま文庫)

書籍になっていないので正確には「誤植」に当たりませんが
恥ずかしいことにこの私
原稿における文字の変換ミス
×幕×場の数字の入れ間違いは言うに及ばず
あろうことか××役が話すべきセリフを○○役に割当て(!)
それを上演団体へ渡した後に発見したが(!)
すでに俳優がしっかり覚えてしまっていた(!)
という最悪の失敗を経験しています。

気づいた瞬間、地面が割れるかと思いました。

そんなわけで『誤植読本』。
「校正の神様」「奇跡のような発見」の数々が紹介されており
例えば15ページに渡る「インボリウト函数表」から
数字のミスを見つけ出した、なんて話も。

「ところが、その結果、青チェックのついた校正刷りを返された成瀬研究所のほうは大騒ぎになった。なぜなら、成瀬政男は、その『歯車』という本のなかで、国際的に公認されていたインボリウト函数表のなかの数字のあやまりを四ヶ所指摘していたが、もしもその青チェックが正しいとすれば、精魂をこめたにもかかわらず、まだ見おとしが一つあったということになるからである。」

プロ中のプロの神業にただただ驚かされます。

有吉朝子
鎌倉に通って…
2017年05月17日 (水) 11:50 | 編集
有吉です。
昨年から鎌倉に通っては取材を元にした作品をつくっています。
寺、寺の跡、やぐらとよばれる洞穴の墓、仏像。足元の石ころひとつひとつにもやんごとない歴史があるようで、またそれを誇りにしている土地柄です。正直、舞台にするのはちょっとハードルが高くて、書きながらいつもびくびくしています。
でも、完成しました。鎌倉シリーズ2作目になります。
「リトルボート・ストーリ-2 ぼく自身のうた」
「リトルボート」は元松竹大船撮影所の前にある喫茶室。ママは元大部屋女優。かつては映画監督が下宿したり、女学生がシナリオを勉強しに来たり…そんな場所です。
テーマにしたのは「鎌倉アカデミア」。民主主義と自由、科学と哲学を教育の基礎とした学校です。戦後の鎌倉に4年半しか存在しませんでした。

日時;6月2日(金) 18時30分
    6月3日(土) 13時・17時
    6月4日(日) 12時・16時
料金;2000円
場所;鎌倉アクターズワークショップ 富士見スタジオ
    大船駅より湘南モノレール富士見町駅 徒歩2分
お申し込み;080-4138-4701/ k_actors?yahoo.co.jp(?を@に変えて送信してください)
ホームページ;http://kamakura-actors.com/


アカデミア出身者が記憶を書き残した資料からは古い紙の匂いがして、過ぎた時間を感じました。でも懐かしい思い出話ではなく、明日に必要な物語を書きたいと思いました。
タイトルはホイットマンの詩からとっています。このお芝居が、観に来てくれる方の「ぼく自身のうた」と響き合うようにとつけました。そして!鎌倉はいつでもベストシーズンです
散策がてらのご来場も、お待ちしております。

有吉朝子



劇作家女子会。『人間の条件』が間もなく初日を迎えます!
2017年05月12日 (金) 00:04 | 編集
皆様こんばんは。劇団劇作家の、スキルが永遠の新人モスクワカヌです。

本日は皆さまに、こちらのBLOGを借りて公演のご案内をさせてください。

劇団劇作家の坂本鈴、黒川陽子、モスクワカヌが主宰するユニット「劇作家女子会。」
1週間後の5月18日より、座高円寺・1にて、ミュージカル『人間の条件』を上演いたします。

坂本鈴、黒川陽子、モスクワカヌの劇団劇作家メンツにオノマリコを加えた4人の劇作家が、それぞれの「人間の条件」を掲げ、ガチンコ共作でつくりあげたという異色のミュージカル『人間の条件』

座高円寺の稽古場入りをし、生バンドが入り、18日の初日に向けて座組一同、この世界に残すべき作品を創りあげようと励んでおります。
劇団劇作家という、世界でも珍しい劇作家だけの劇団。
そして、アラサー劇作家女子4人のユニット、劇作家女子会。

劇団劇作家のファンの皆様。
同じく己のペンで世界と対峙するものとして、劇作家女子会。もどうぞよろしくお願いいたします

座・高円寺 春の劇場05 日本劇作家協会プログラム
ミュージカル
『人間の条件』
作:坂本鈴、オノマリコ、黒川陽子、モスクワカヌ(以上、劇作家女子会。)
演出:赤澤ムック(黒色綺譚カナリア派)
音楽:後藤浩明
振付:小林真梨恵(waqu:iraz)

会場
座・高円寺1
JR高円寺駅 北口徒歩5分
*土日・祝日の中央線快速は高円寺駅に停車しませんのでご注意ください。
*駐車場はございませんので、お越しの際は公共交通機関をご利用ください。

日時
5月18日(木)・19:00
5月19日(金)・13:00♪★/19:00◆
5月20日(土)・13:00♪★◆/19:00◆
5月21日(日)・13:00♪◆

♪:終演後、ポストトークあり
★:託児サービス(要予約。料金1000円。詳細は座・高円寺チケットボックスまで)
◆:聴覚障害をお持ちのお客様向け字幕サポートを実施します。
*受付開始は開演60分前、客席開場は開演30分前です。

♪ポストトークゲスト
5月19日(金)・13:00の回 水谷八也氏:早稲田大学文化構想学部(文芸ジャーナリズム論系)教授
5月20日(土)・13:00の回 長田育恵氏:「てがみ座」主宰、劇作家
5月21日(日)・13:00の回 羊屋白玉氏:「指輪ホテル」芸術監督、劇作家、演出家、俳優

チケット(全席指定、税込)

・一般 4,200円
・学生 2,500円


※学生チケットをお求めの方は入場の際に学生証をご呈示ください。
※字幕サポートをご希望のお客様は、メールにてご予約を受け付けております。詳しくは劇作家女子会。WEBにてご案内しております。
※5月20日、21日のポストトークでは手話通訳を予定しております。

◎以下のサービスは劇場で承ります。お申込・お問い合せは座・高円寺チケットボックス(℡03-3233-7300)へご連絡ください。
*車椅子スペースをご利用の方は、前日までにお申し込みください(定員あり)。
*障がい者手帳をお持ちの方は、座・高円寺チケットボックスでのご予約に限り1割引きになります。
*託児サービス(定員あり・対象年齢1歳~未就学児・1週間前までに要予約)料金:1,000円。

公演についてはこちらから
http://gsjoshikai.tumblr.com/

チケットのご予約はこちらから
https://www.quartet-online.net/ticket/humancondition


ただいまクラウドファウンティング実施中
『人間の条件』の公演や私達の想いについて知って頂けたら、ご支援を頂いて女子会。に参加して頂けたら嬉しいです。

クラウドファウンティングについてはこちらから。
https://motion-gallery.net/projects/ninngennnojouken



『人間の条件』稽古場レポ

『人間の条件』稽古場レポ#1 「ローマは1日にしてならず、舞台も1日にしてならず」

『人間の条件』稽古場レポ#2 「Happy Birthday!ちなみにわれらの舞台のBirthdayは18日!」

『人間の条件』稽古場レポ#3「フィールドワーク部門」ってなんなのさ?

『人間の条件』稽古場レポ#4 初日1週間前!

『人間の条件』ウラ話

劇作家女子会。『人間の条件』ウラ話。~名付け編~

劇作家女子会。『人間の条件』ウラ話その2~パート分けについて~

『人間の条件』インタビュー動画
『人間の条件』フィールドワーク部門による劇作家女子会。インタビュー その2

『人間の条件』フィールドワーク部門による劇作家女子会。インタビュー その1




本日21時より、劇団劇作家の坂本鈴、黒川陽子、モスクワカヌが参加しているユニット=劇作家女子会。の次回公演ミュージカル『人間の条件』チケット先行発売します!
2017年04月06日 (木) 07:05 | 編集
皆様こんにちは
カタカナばかりの劇団員、モスクワカヌです。

私、実は劇団劇作家の他に、劇作家女子会。というユニットにも参加しております。

幅広い年齢層の劇作家が集まっているのが「劇団劇作家」なら、同世代の女性劇作家4人が集まっているのが「劇作家女子会。」

ですがメンバー4人のうち、なんと3人が劇団劇作家にも参加しているという、劇団劇作家とはとっても縁のあるユニットです。

この、劇団劇作家の坂本鈴、黒川陽子、モスクワカヌの3名が参加している劇作家女子会。ですが、この度日本劇作家協会プログラムとして、5月に座高円寺1にて、ミュージカル公演を行うことになりました

「人間の条件」をテーマに、4人の劇作家が共作という形でそれぞれの個性と人間であるための定義をぶつけ合う異色のミュージカル。

本日21時よりチケットの先行発売を開始いたします

今回は客席が舞台を取り囲み、三方からご観劇いただける形です。

先行発売では、各回5枚限定のプチプラシートの他、前列センター寄りのお席をご用意

全席指定席となっておりますので、お早めにご予約いただければ良席でご観劇頂けますので、是非この機会に、チケットをご予約くださいませ

3月1日(水)21時から、14日(火)までの期間中、以下に記載したリンクから『人間の条件』のチケットをチケットペイにて先行発売を行います。

https://ticketpay.jp/booking/?event_id=7465
※ファミリーマートでの発券となります
※アンケート機能(「お目当ての出演者がいたら教えてください。」という質問)がついていますので、お好きな出演者の名前を選択してくださいませ。

私達の初めてのミュージカル、そして初めての中劇場進出作品にもなる『人間の条件』。

よい作品にすべく、出演者スタッフ一同燃えております。
皆様に、私達の作品を応援して頂きたいです

お申し込みを心よりお待ちしております

◆チケット(全席指定)
・一般 4,200円
・学生 2,500円
・プチプラシート 1,000円
※学生チケットをお求めの方は入場の際に学生証をご呈示ください。
※プチプラシートは各回5枚限定、客席後方のお席となります。

【チケット引き換え方法】
■ファミリーマート支払 ⇒ ファミリーマート発券(チケット受取)
ファミリーマートでのお支払&発券となります。
申込後表示される支払用番号※をファミリーマートにお持ちください。

※第1番号(企業コード):30020+第2番号(引換番号):14桁
ファミリーマート店頭のFamiポートのトップから「チケット」→「Famiパス」を選択します。
支払用番号入力後、Famiポートから出力される申込券をレジに提示し、
代金をお支払の上チケットを受け取ってください。

引換番号を取得せず直接ファミリーマートに行ってもチケットは購入できませんのでご注意ください。

■クレジットカード決済 ⇒ ファミリーマート発券(チケット受取)
申込時にクレジットカードで決済し、ファミリーマートで発券となります。
クレジットカード支払完了後、画面上にチケット受取り用の番号※が表示されます。
※第1番号(企業コード):30020+第2番号(引換番号):14桁
その番号をファミマ店頭のFamiポートに入力すると申込券(=引換え券)が発行されます。
申込件(=引換券)をレジに提示しチケットを受け取ってください。

引換番号を取得せず直接ファミリーマートに行ってもチケットは購入できませんのでご注意ください。

-◇◆◇公演情報◆◇◆-
座・高円寺 春の劇場05
日本劇作家協会プログラム
ミュージカル
『人間の条件』

劇作 坂本 鈴、オノマリコ、黒川 陽子、モスクワカヌ
演出 赤澤 ムック
音楽 後藤 浩明
振付 小林真梨恵(waqu:iraz)

【出演】
朝比奈かず
小泉まき(中野成樹+フランケンズ)
塚越光
前原麻希

奥村飛鳥
エスムラルダ
河南由良(劇団だるめしあん)
神田麻衣
木内コギト(\かむがふ/)
今野真智子
西原純
村本篤信
柳内佑介
anna
海老原恒和
小見美幸
近藤陽子
末延ゆうひ
竹内真里
中谷弥生
生井みづき
梅本杏莉
奥井まゆ
萱沼春菜
中村沙羅
西村俊彦
松尾音音
吉見由香
吉田覚丸

【フィールドワーク部門】
一色亮佑
荻野桜子
小泉志野
琴松蘭児
小林薫
北村マイク
仙波瑠璃
中村奏太
根矢涼香
※「フィールドワーク部門」とは、俳優ではなく一般の方に集まってもらっている部門です。劇の制作進行とあわせて「人間の条件」とは何かを考え、本番にて発表をいたします。

◆タイムスケジュール
2017年5月【全6ステージ】
5月18日(木) 19:00~
5月19日(金) 13:00~♪★/19:00~
5月20日(土) 13:00~♪★/19:00~
5月21日(日) 13:00~♪
♪:ポストトーク ★:託児サービス

*受付開始は、開演の1時間前
*開場は、開演の30分前です。

◆チケット(全席指定)
・一般 4,200円
・学生 2,500円
・プチプラシート 1,000円
※学生チケットをお求めの方は入場の際に学生証をご呈示ください。
※プチプラシートは各回5枚限定、客席後方のお席となります。

3月1日(水)~14日(火)の期間中、以下に記載したリンクから、『人間の条件』のチケットをチケットペイにて先行発売を行います。
https://ticketpay.jp/booking/?event_id=7465
※ファミリーマートでの発券となります
※アンケートにお目当てのキャストを選択する項目がありますので、お答え下さい

◆会場
座・高円寺1
http://za-koenji.jp/home/index.php
〒166-0002 杉並区高円寺北2-1-2

JR中央線「高円寺」駅
北口を出て徒歩5分
詳しくはこちらをご覧ください。
http://za-koenji.jp/guide/index.html#link2

◆問い合わせ先
gekisakujoshi@gmail.com

今後も新たな情報が確定次第、順次当ブログならびに公式ホームページ
http://gsjoshikai.tumblr.com/
にて情報公開を行ってまいります。






copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: hoxai