FC2ブログ
劇団劇作家ブログ
現在、劇団劇作家に参加している劇作家がお送りする日常のあれこれ
モスクワカヌが第20回「AAF戯曲賞」特別賞を受賞しました!
2021年01月12日 (火) 12:05 | 編集
このたび劇団員のモスクワカヌが、第20回「AAF戯曲賞」の特別賞を受賞しました。(応募総数:117作品)

https://www-stage.aac.pref.aichi.jp/event/detail/000467.html

作品は「It's not a bad thing that people around the world fall into a crevasse.」。内容は、以下でお読み頂けます。

https://www-stage.aac.pref.aichi.jp/event/item/Itsnotabut.pdf

われらがモスクワの快挙に、本人はもとより、劇団員一同、誇らしくまた嬉しい気持ちでいっぱいです。

新年早々の慶事を励みとし本年も活動して参ります。今後とも、劇団劇作家にご注目くだされば幸いです。

(文責:有吉朝子)
スポンサーサイト



新年のご挨拶ならびに劇団の新体制についてのご報告
2021年01月01日 (金) 10:00 | 編集
慎んで新春をお祝い申し上げます。
旧年中も多くの方々に劇団劇作家をお引き立て頂き、誠にありがとうございました。

2020年は、世界中が未曽有の事態と向き合う年となりましたが、当劇団におきましても、公演の延期や企画の見直し等、感染症対策と劇団活動の両立を模索しながらの1年でした。
そのようななかで新企画『劇読み!サバイバル』を実施出来たことは、ひとえに劇団劇作家にお力添えを頂いた皆様のご尽力ご協力の賜物と、この場を借りてあらためて御礼申し上げます。

2021年も、皆様が健やかに1年を過ごされますことを心からお祈り申し上げます。

そして2021年、劇団劇作家は新体制にて始動いたします。

劇団の旗揚げより10年余り、これまで篠原久美子を代表として劇団活動を続けてまいりました。
しかしながら、昨今の社会情勢や演劇をめぐる環境の変化のなかで、今後の劇団の運営、体制の刷新等について議論を重ねた結果、本年より劇団劇作家は合議制という形で劇団活動を継続していくことを選択いたしました。

新体制への移行に伴い、これまで劇団劇作家の代表であった篠原久美子は代表を退き、今後は一劇団員として活動を共にしてまいります。

劇団員一同、新たな気持ちで精進していく所存です。
今後とも、劇団劇作家をどうぞよろしくお願い致します。


劇団劇作家 一同


『劇読み!サバイバル』ロゴ公開。
2020年11月18日 (水) 08:51 | 編集
劇団の新企画『劇読み!サバイバル』のロゴが完成しました!

2020年12月1日と2日に、内部リーディングという形式で参加メンバーの戯曲のリーディング上演と、参加者によるディスカッション、プロモーション用の映像撮影等を実施する今回の企画。

サバイバル!という強い意志を感じる素敵なロゴを作って頂きました。

演劇にとって厳しい時期が続きますが、いつかまたお客様と共に舞台の幕をあげられるよう、劇団員一同、舞台を、演劇を、共にサバイブしていきます。
(文責:モスクワカヌ)

劇団劇作家新企画「劇読み!サバイバル」始動!
2020年11月06日 (金) 12:02 | 編集
劇団劇作家の新企画「劇読み!サバイバル」が始動しました。
劇団メンバーの有志にて立ち上がったこちらの企画。
2020年12月1日と2日に、内部リーディングという形式で参加メンバーの戯曲のリーディング上演と、参加者によるディスカッション、プロモーション用の映像撮影等を実施します。

今回の劇団劇作家から参加するメンバーは、有吉朝子、池田恵、坂本鈴、福山啓子、モスクワカヌの5名です。それぞれが脚本を持ち寄り、戯曲の可能性を高めるためのリーディングとディスカッションを行います。

感染症の懸念等もあり、今回は無観客での上演となりますが、またいつかお客様と共に舞台の幕をあげられるよう、劇団員一同、今できる形で演劇の灯をともしていきます。

お客様にご来場頂けないぶん、また企画の様子等ブログ等でお伝えできればと考えておりますので、これからも劇団劇作家をよろしくお願いいたします!

(文責:モスクワカヌ)
劇団員のモスクワカヌ、第20回AAF戯曲賞 一次審査通過!
2020年10月14日 (水) 06:52 | 編集
モスクワカヌ作 『It's not a bad thing that people around the world fall into a crevasse.』(正式タイトル)が、第20回「AAF戯曲賞」 の一次審査を通過しました。
応募総数117作品中の14作品が、最終選考に進みます。
https://www-stage.aac.pref.aichi.jp/event/detail/000467.html

今年は「2分の芝居を1日1本50本書いていく企画」も自ら打ち立て、めでたく達成しました。
ツイッターでの情報発信も、あわせてご覧ください。
https://twitter.com/mosukuwakanu

劇団員一同、たいへん誇らしく嬉しい気持ちでいっぱいです。

今後の展開に、引き続きご注目ください!

(文責;有吉朝子)
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: hoxai