FC2ブログ
劇団劇作家ブログ
現在、劇団劇作家に参加している劇作家がお送りする日常のあれこれ
夢は凄い
2009年02月12日 (木) 09:03 | 編集
代表がワニの夢について書いていますが、まさに夢はネタの宝庫です。
実際には「ワニの夢」のように、なんとなく納得の行く展開になってる夢は少ないので、その分すぐに芝居のプロットにはならないでしょうが、なんつーか展開の支離滅裂さに自分の想像力が刺激されるんですよね。
夢には、ワニに限らず動物が出てくることも多いですね。
そして、動物のみならず植物とか機械とかと会話できるのも夢ならでは。
十数年会ったことのない昔の友達とかもフツーにいますね。
そういう入り混じった感じが、いい。
普段=起きてる時=覚醒時に構想を練ったりすると、いくら想像力を膨らませても「現実」に邪魔されていまひとつ「ブッ飛ばない」ことがあります。
でも、夢は違う。
てゆ~か、基本的に理性的じゃないから、「ブッ飛び方」が違います。
よく、幼児の描く絵は天才的だといわれるけど、そんなのと似てますね。
シラフの時は、「冷蔵庫とモウセンゴケと雷鳥と自分の4人で鍋を囲んでいたら、ガザ地区にいた」とか思い付きにくいもん。
今書いた例えは、夢じゃなくてシラフだけど、シラフから「夢って凄いよなあ」ってゆう触媒を想像力に与えたことで出てきたわけですね。
だから、やっぱ夢ってすんごくいいツールなんですね。
校倉 元
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: hoxai