FC2ブログ
劇団劇作家ブログ
現在、劇団劇作家に参加している劇作家がお送りする日常のあれこれ
「キラメク!」
2020年02月02日 (日) 15:39 | 編集
有吉朝子です。
作品を書き下ろしました。
NASHプロジェクト第6回公演 「キラメク!」

昭和の初期から太平洋戦争前後の日本を舞台に、
明治生まれの文士、長谷川時雨をモデルに
彼女が創刊した雑誌『女人芸術』や機関紙『輝ク』
に集う人々を描きます。

「とにかく女の人がたくさん出る作品を」というご注文。
女が事件の中心…ということで、既存の戯曲、
宮本研の『ブルーストッキングの女たち』などを思い出し、
ならば女性がどっさり出る「ブルーストッキング」と、
『青鞜』の丁度ひと世代下の『女人芸術』に行き着きました。
戯曲の名前を『ブルーストッキングの妹たち』としましたが、
「あまりに安直だ」とすぐさま却下。
ということで「キラメク!」。

でもこのタイトルで良かったと今は心から思います。
『青鞜』より知名度は落ちる『女人芸術』と『輝ク』。
でもそこに、心から書きたいと思う女たちが集まり、
命を叩きつけるように書いた作品の数々、
その人生、その後の人生。
もっとも弱い人間が耐え切れずに声を上げる、断末魔の叫び。
―まさにギラリと「キラメク」人々がそこに息づいていました。
ということで「キラメク!」

世間から見ればこの作品の登場人物、男も女も、ちょっと、
いや、かなり変わった、なんなら危険人物たち。
それぞれが引き起こす揉め事を、舌なめずりするように書くのは
たいへん楽しい時間でした。

ぜひどうぞ、「キラメク」者たちの七転八倒を見にいらしてください。

NASHプロジェクト 第6回公演 「キラメク!」

作;有吉朝子 演出;津田英三 

出演;久行敬子・永吉ユカ・角田紗里・ほんだりんこ・茜部真弓・黒崎照・波乃りん・羽野だい豆・風間恵・結瀬あやの(A)・浅見芙那実(B)・野村須磨子・RICO・楠田敏之(順不同)

2020年3月18日(水)~22日(日)前売り4300円 当日4500円 萬劇場(JR大塚駅徒歩4分)
18日(水)18:30(Aチーム)
19日(木)18:30(Bチーム)
20日(金)14:00(A)/18:30(B)
21日(土)14:00(B)/18:30(A)
22日(日)16:00(A)
お申し込みはこちらから→
https://www.quartet-online.net/ticket/kirameku/entry?urd=Zjk1Zkib3s&fbclid=IwAR0QW9B5srz-Iwb4Stg94JRpfco8yxDzNnsvcTELOb_DzQZy0AwSTcj_10U
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: hoxai